誰でも今日から実践できる♡幸せ美人になるための3つの美学

戸越銀座プライベートサロン「Tiphereth ティファレット」アロマテラピー・タロット・占星術・花曼荼羅®︎・風水 宇宙のリズムと星たちのパワー、植物たちのエネルギーを使って、しあわせ美人になるための3つの美学をお伝えしています☆

Salon Tiphereth

Find yourself, Find your beauty, Life is beautiful.
AROMA
FOOD
ENERGY

372年ぶりの夏至と日食が重なる日☆宇宙を味方につける【冬至】までの過ごし方

f:id:earthbeauty:20200621172331j:plain

 

6/21 06:44 太陽が蟹座に入り、夏至を迎えました。

1年で一番陽が長くなる大きな分岐点です。

 

明日から冬至に向けて

少しずつ陽が短くなっていきます。

 

陽が極まり、陰に転じる日。

 

そして15:41には蟹座で新月を迎え、日食となります。

 

 

1年の中でも大きな節目となる夏至のタイミングに

日食が重なるのはとても貴重なこと。

 

夏至と日食が重なるのは

1648年(徳川家光が将軍の頃)以来

なんと372年ぶりのことだそうです。

 

 

次の夏至と日食が重なるのは

2802年というデータもあるそうで

 

人間の一生が100年だとしても

夏至と日食が重なる日を生きられることは

その時代を生きた世代だけということになります。

 

前回の月食(ストロベリームーン)の記事でもお話しした通り

日食と月食ドラゴンヘッドドラゴンテイルという

魂のゲートが絡む新月と満月です。

 

詳しくは前回の記事へ

 

 

 

今回の新月&日食は

蟹座で重なった月と太陽

ほぼピッタリドラゴンヘッドが重なります。

 

東京では少しズレますので部分日食ですが

南に行くほどピッタリと重なるので

一部の地域では金環日食となります。

 

 

ちなみに

 

金環日食皆既日食の違い月の距離です。

 

月が近いと太陽をほとんど覆い隠すので皆既日食となり

月が遠いと太陽の周りが隠れず残るので金環日食となります。

 

 

今回は月との距離があるので金環日食でした^^

皆さん、見ましたか??

 

 

そんな理由から

皆既日食の方がよりパワーの強い日食

と言われているのです。

 

 

 

今年は、蟹座/12ハウス夏至を迎えました。

 

【12ハウス】

無意識や個人の感覚を超えた領域

ワンネスを表すフィールド

 

【蟹座】

自分と周りの大切な人

ファミリーのような身近な人間関係

母性や大事なものを護る力を象徴しています。

 

蟹座に象徴される大切な存在は

人生や生活を共有し

いわば人生をかけてでも護りたいと思う存在です。

 

 

人生をかけると言うと

大袈裟かもしれませんが

 

例えば

パートナーや家族、子供という存在は

良い悪いは抜きにして

自分の人生を大きく変える存在です。

 

家族や子供を護ろうとする時には

きっと、それぞれの〝人生をかける〟 選択や

行動をすると思うのです。

 

そうした時

私たちは個人でありながらも

カップル、夫婦、家族、親子 と言う

常に個人を超えた領域で

物事を見、考え、判断しています。

 

 

「私」

 

という一つではなく

 

 

「家族」

 

という一つとして見る視点は

 

スケールは違えど

ワンネスに近い視点を持っています。

 

 

 

例えば

私は2回離婚し

3回の結婚をしました。

 

 

これは私の人生ですが

 

息子たちの人生には

母親が2回離婚し

父親が2回変わった

 

という影響を及ぼしています。

 

 

自分の生き方が他者の人生の一端を担っている

 

 

この原理は

この世界のすべてのことに当てはまります。

 

 

〝私と息子たち〟

という一番近いところを例えに出しましたが

 

これを

旦那さん、両親、友人、同僚、お隣さん・・・と

少しずつ広げていくと

 

最後は世界全部が繋がり

この世界は一つである

というところまで行き着けると思います。

 

 

自分にとって身近で大切な存在を護るためには

自分自身の生き方を見つめる必要があり

 

大切な存在を

当たり前に大切にできる生き方と

そこへ向かえる意識へと

スイッチしていこうよということ。

 

そういう意味では

今回のコロナは

この原理が様々な形で現れていたなと感じます。

 

 

 

その後、15:41に迎えた新月&日食は

蟹座/8ハウスでした。

 

【8ハウス】

生と死や、相続、共有など 受け継いだり

受け取るものを表すフィールドです。

 

蟹座/8ハウスで重なった月と太陽

今世から来世へ繋がるポイント

ドラゴンヘッドと重なっています。

 

 

子供や孫のため

大切な人のために

受け継がれるもの

 

というと

 

家や現金などの財産(遺産)

というイメージがあると思いますが

 

 

例えば私の場合では

 

いつもおばあちゃんが

「りんごは医者いらずだからね」と言って

おやつにりんごを剥いてくれたり

お風呂上がりにリンゴを擦り下ろして

絞ってくれたりしていたのですが

(今で言うコールドプレスジュースじゃないか笑)

 

 

うちの母もそれを継承して私と妹を育て

私もそれが刷り込まれているので

息子たちにもよくリンゴを食べさせていました。

 

今でも息子たちはリンゴが好きです笑

 

という

 

おばあちゃんから受け継がれたもの〟があります。

 

 

他にも

私のHSP体質は祖母の祖父から

受け継がれていて

息子たちにもしっかり引き継がれています笑

 

 

高祖父は田舎から東京に出て

お医者様をしていたけど

都会の様々な刺激に心身のバランスをを崩し

田舎に戻ってきたという笑

(その頃からもう東京は都会だったのかと幼いながらにビックリしました笑)

 

そんな高祖父の存在があったため

母も祖母も

できるだけナチュラルな生き方をしよう

という意識が強く

 

私もまたそれを継承し

息子たちに 伝えていこうと

こういう生き方しているわけです。

 

 

 

さて そろそろ長くなってきたので

まとめようと思います笑

 

 

372年ぶりというこのタイミングは

ただ特別で珍しいだけではありません。

 

新月、満月

夏至冬至

天体の周期など

様々にある宇宙のリズム

それぞれのサイクルで物事を見ていきます。

 

 

372年ぶり(そして次が800年後かも)ということは

そのくらい大きなタームで物事を見るということ。

 

つまり

 

今回の夏至と日食のテーマは

世代を超えて受け継がれていくテーマでもあるということなのです。

 

 

時を超えて

繋がれてきた生命と

その魂たちが辿ってきたテーマは

私たちのルーツです。

 

 

そこにはいつも

大切な者たちを護りたい

という意思が存在して

人生が描かれてきました。

 

 

327年という一つのサイクルが完結した今

 

現代に生きる私たちは

この特別なタイミングに

改めてその意思を振り返り

 

次の世代へ

新しい時代と社会に対応する形へと

自らの生き方を見つめながら

アップデートしていくという役割があります。

 

大きなサイクルの始まりですが

ひとまずの区切りとして

この夏至をスタートに

次の冬至(12/21)までの半年間は

このサイクルの基盤を作るスタートアップとして

今回のテーマに取り組んでみてください^^

 

 

 

***

 

最後までお読み頂きありがとうございました^^

このブログは、読んで下さったあなたが

宇宙を味方につけ、あなた本来の人生が加速し

ますます輝きに満ちたものとなるように

私自身も意思設定をして書いております。

 

一人ひとりが

幸せだと感じる人生を生きることが

愛ある世界の創造そのものです。

 

まずは自分から

そしてあなたの目の前にいる大切な愛すべき人へ。

 

***

 

もっと個人レベルのパーソナルなリーディングが必要な方

具体的なアドバイスが欲しい方は、占い鑑定へどうぞ!

ご相談内容に合わせて、メニューをお選びください^^

▷占い鑑定メニューをリニューアルしました!

 

鑑定のご依頼・お問い合わせはお気軽に♪

chikyubijin@gmail.com